« [お知らせ]第26回SGRAフォーラム「東アジアにおける日本思想史~私たちの出会いと将来~」 | トップページ | 「明治十年代におけるある仏基論争の位相――高橋五郎と蘆津実全を中心に」 »

2007年2月16日 (金)

[お知らせ]池上良正先生の御著書『近代日本の民衆キリスト教』の書評会

3月24日に開催される池上良正先生の御著書『近代日本の民衆キリスト教』(東北大学出版会、2006年)の書評会のお知らせです。

この書評会は「宗教と社会」学会「社会的コンテクストの中のキリスト教」プロジェクトの一環として行われますが、同学会の会員以外でも関心をお持ちの方は自由に御来聴頂けます。

誠に残念ながら私はどうしても外せない用事があるため参加できませんが、盛会を祈念しております。

日時:3月24日(土)午後2~6時
場所:駒沢大学・大学会館3階会議室(3-2号室)
  正門を入って右側、2番目(図書館の次)の建物です。
  キャンパスマップはこちらをご覧下さい。

対象書:池上良正『近代日本の民衆キリスト教』東北大学出版会、2006年

評者【報告順】:
  西脇良氏(南山大学・宗教心理学)
  塚田穂高氏(東京大学大学院・宗教社会学)
  金子毅氏(東京基督教大学共立基督教研究所・文化人類学)
  川瀬貴也氏(京都府立大学・宗教学)
    ※前半(序章~3章)、後半(4~6章)と各章を見ていく予定です。

問い合わせは私、星野か、あるいは直接同プロジェクトの世話人である川又俊則先生( info※toshi-k.net …※を@に変えてください )まで。

それでは、どうぞ奮って御参加下さい。

« [お知らせ]第26回SGRAフォーラム「東アジアにおける日本思想史~私たちの出会いと将来~」 | トップページ | 「明治十年代におけるある仏基論争の位相――高橋五郎と蘆津実全を中心に」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178384/13929821

この記事へのトラックバック一覧です: [お知らせ]池上良正先生の御著書『近代日本の民衆キリスト教』の書評会:

« [お知らせ]第26回SGRAフォーラム「東アジアにおける日本思想史~私たちの出会いと将来~」 | トップページ | 「明治十年代におけるある仏基論争の位相――高橋五郎と蘆津実全を中心に」 »

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ