« [お知らせ]「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会 | トップページ | 駒沢宗教学研究会 »

2008年2月12日 (火)

[お知らせ]「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会

3月8日(土曜日)の14時から18時にかけて立教大学で開催される「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会のお知らせです。発表者と題目は、内藤幹生「高札撤去後キリシタン改宗に対する一考察」、高井ヘラー由紀「日本統治期台湾におけるホーリネス伝道」となっております。詳細は以下参照。

下記に川又俊則先生から頂いた案内を転載します。関心を持つ方はどなたでも参加していただけます。不明な点があれば星野までお尋ね下さい(昨年の3月の研究会も参加できませんでしたが、今回も何故かピンポイントで私事が重なり、私は参加できない可能性が高いです・・・)。

日時:2008年3月8日(土)14:00~18:00
場所:立教大学池袋キャンパス第12号館第4会議室

<交通アクセスURL>

http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/pmap/ikebukuro.html(池袋駅か
ら大学)

http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/ikebukuro/index.html(キャンパ
ス内)

発表者:内藤幹生(大正大学大学院)
発表題目:「高札撤去後キリシタン改宗に対する一考察」
参考文献:
・大橋幸泰「キリシタン民衆の転回と禁教高札撤去」『キリシタン民衆史の研究』東京堂出版、2001年。
・中村博武「浦上四番崩れにおける宣教師の論理と信徒の構造」『宣教と受容-明治期キリスト教の基礎的考察』思文閣、2000年

発表者:高井ヘラー由紀氏(国際基督教大学キリスト教と文化研究所非常勤研究員)
発表題目:「日本統治期台湾におけるホーリネス伝道」
参考文献:
・荘進源・陳主培編『台灣聖教會會史』基督教台灣聖教會、1989年
・池上良正『近代日本の民衆キリスト教-初期ホーリネスの宗教学的研究』東北大学出版会、2006年

« [お知らせ]「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会 | トップページ | 駒沢宗教学研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178384/40099554

この記事へのトラックバック一覧です: [お知らせ]「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会:

« [お知らせ]「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクト研究会 | トップページ | 駒沢宗教学研究会 »

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ