2015年6月 3日 (水)

[お知らせ]駒沢宗教学研究会第175回研究会(7/3)

2015年7月3日(金)に行われる駒沢宗教学研究会第175回研究会のお知らせです。

発表者:星野壮(大正大学 非常勤講師)
発表題目:「在日ブラジル人と宗教――キリスト教を中心に」

日時:7月3日(金)午後四時三○分より
場所:駒澤大学 1号館303教場

研究会終了後、会員総会と懇親会が予定されているとのことです。

[お知らせ]赤江達也『「紙上の教会」と日本近代』書評会

来たる7月18日に、「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクトの2015年度第1回研究会として、赤江達也さんの『「紙上の教会」と日本近代』の書評会を下記の要領で開催いたします。

日時:7月18日(土)、14:00~17:30
場所:国学院大学、渋谷キャンパス、AMC棟、会議室06

書評対象:
赤江達也『「紙上の教会」と日本近代――無教会キリスト教の歴史社会学』岩波書店、2013
赤江達也「[研究ノート]帝国日本の植民地における無教会キリスト教の展開」『社会システム研究』、2014.9
(* http://r-cube.ritsumei.ac.jp/handle/10367/5814 より入手可)

書評者:
(1)冨澤宣太郎(東京大学)
(2)柴田真希都(日本学術振興会)
(3)高井ヘラー由紀(明治学院大学)

進行予定:
1400~1410 趣旨説明
1410~1440 冨澤宣太郎、書評
1440~1510 柴田真希都、書評
1510~1540 高井ヘラー由紀、書評
1540~1600 休憩
1600~1630 著者、応答
1630~1730 全体討議

書評対象をご一読の上、是非ご参加下さい。なお、準備の都合上、ご参加のご予定の場合には、ご連絡頂けると幸いです。

【連絡先】 ※ (a)を@に変更してください
星野靖二 hoshino.seiji(a)kokugakuin.ac.jp

2014年4月18日 (金)

[お知らせ]「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクト2014年度第1回研究会

2014年度第1回「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクト研究会を、「現代社会における移民と宗教」プロジェクト・平成26-28年度科学研究費(学術研究助成基金助成金)挑戦的萌芽研究「日本のカトリック教会による移住・移動者支援の実証的研究」(研究代表者:白波瀬達也)との共催で行います。


日時:2014年5月10日(土)14:00-18:00
場所:東洋大学 白山キャンパス2号館3階 第1会議室
http://www.toyo.ac.jp/site/campus/campus-hakusan.html

◯タイムスケジュール
・研究発表:14:00-17:00
【第1報告】藤野陽平(東京外国語大学) 14:00-15:25
  「台湾のキリスト教系日本語デイケアセンター玉蘭荘の展開――機関誌の分析から」
【第2報告】モリカイネイ(立命館大学) 15:30-16:55
  「華人キリスト者のトランスナショナリズム――モデル構築の試み」
・全体討議:17:00-18:00

【連絡先】 ※ (a)を@に変更してください
takahashi021(a)toyo.jp (高橋典史)
fujino(a)aa.tufs.ac.jp(藤野陽平)

2013年11月 8日 (金)

[お知らせ]「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクト第1回研究会

「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクト、第1回研究会のお知らせ
本年度より「宗教と社会」学会の正式なプロジェクトとして「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクトを立ち上げることとなりました。
本プロジェクトは「社会的コンテクストのなかのキリスト教」プロジェクトを発展的に引き継いだもので、主に東アジアにおけるキリスト教をその越境性に焦点を合わせて取り上げ、かつ様々な分野の研究者の方々に関わって頂くことで、方法論や研究の視座についても学び合う場にしたいと考えています。
以下の日程で第1回研究会を開催いたしますので、ここにお知らせします。
日時:11月30日、14:00-17:30
会場:國學院大學、渋谷キャンパス、06会議室(AMC棟5F)
内容:
14:00-16:00 研究発表
発表者 野口生也氏(アムステルダム自由大学社会文化人類学部博士課程在籍/茨城工業高等専門学校特命助教)
発表題目 「越境するペンテコスタリズム―日本における韓国系教会の事例から―」
16:15-17:30 プロジェクトの今後の運営についての打ち合わせ
参加される方は事前にご連絡頂けると幸いです。

続きを読む "[お知らせ]「東アジアにおけるキリスト教の越境と交流」プロジェクト第1回研究会" »

2011年4月 7日 (木)

東日本大震災デジタル・アーカイヴ

このたびライシャワー日本研究所を中心として、今回の大震災とその後の状況についての情報を記録・保存するための「東日本大震災デジタル・アーカイブ」が立ち上げられたとのことです。日本語以外の資料も受け入れるという点が一つの特徴でしょうか。趣旨文をアップロードしておきます:

「digital_archive_initiative_at_harvard_reischauer_institute.pdf」をダウンロード

私自身は最近の日本の状況を把握していないのですが、既に行われているであろう同様の試みとうまく連携していけると良いのではないかと思います。情報の提供先はこちらになります。:

daishinsai-archive@fas.harvard.edu

以下に日本文の趣旨文を貼り付けておきます:

続きを読む "東日本大震災デジタル・アーカイヴ" »

2011年3月 9日 (水)

[お知らせ]駒沢宗教学研究会第165回研究会・関東地区修士論文発表会

駒沢宗教学研究会第165回研究会・関東地区修士論文発表会のお知らせです。

日時:2011年3月28日(月)13:00~18:00
場所:駒澤大学 第2研究館203教場

詳細は以下参照:

続きを読む "[お知らせ]駒沢宗教学研究会第165回研究会・関東地区修士論文発表会" »

2010年11月 1日 (月)

[お知らせ]公開講演会(駒沢宗教学研究会、第164回宗教学研究会)

2010年11月11日(木)に行われる公開講演会(駒澤大学総合教育研究部文化学部門と駒沢宗教学研究会の共催による)のお知らせです。

講演者:薗田稔(京都大学名誉教授・秩父神社宮司)
講演題目:「生命観における東と西」
日時:11月11日(木)午後四時三○分より
場所:駒澤大学本部棟中央講堂

2010年10月25日 (月)

[お知らせ]第9回「生と死」研究会

2010年10月30日(土)に第9回「生と死」研究会が開催されます。

「生と死」研究会は東洋英和女学院大学・死生学研究所と財団法人国際宗教研究所が共催している研究会で、今回はシンポジウム形式の例会となるとのことです。

日時:2010年10月30日(土)14:40-17:50(受付開始14:10)
場所:東洋英和女学院大学大学院 201教室
参加費:1000円。ただし国際宗教研究所の会員・役員は無料。

シンポジウム「生と死とその後」
発題(1)奥野滋子(順天堂大学医学部先任准教授)「妻の死後も対話を続けた男性」
発題(2)杉木恒彦(早稲田大学客員研究員)「インド密教の聖人たち 生と死とその後」
発題(3)鶴岡賀雄(東京大学大学院人文社会系研究科教授)「〈死後の生〉と〈宗教の領分〉」

詳細についてはこちら: http://www.iisr.jp/news.htm#seitoshi
あるいはこちら(PDF): https://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/shiseigaku/PDF/20101030.pdf
母体である東洋英和女学院大学・死生学研究所についてはこちら: https://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/
国際宗教研究所についてはこちら: http://www.iisr.jp/

2010年6月 8日 (火)

[お知らせ]駒沢宗教学研究会(第163回研究会)

2010年7月1日(木)に行われる駒沢宗教学研究会のお知らせです。

発表者:中山郁(國學院大學教育開発推進機構准教授)
発表題目:「木曽の御嶽山からみえるもの――シャーマニズム研究、山岳宗教研究の立場から――」
日時:七月一日(木)午後四時三○分より
場所:駒澤大学会館246七階会議室

※ 今回はいつもと異なり「駒澤大学会館246」で開催されるとのことです。

[お知らせ]宗教史学研究所第51回研究会

来る2010年6月26日(土)に行われる宗教史学研究所第51回研究会についてのお知らせです。

発表者と題目:
(1)中西恭子(明治学院大学非常勤講師)「ユリアヌスの宗教復興政策における帝国の諸宗教と〈ヘッレーニスモス〉」
(2)林淳(愛知学院大学教授)「<日本の宗教学>と近代」
(3)堀江宗正(聖心女子大学准教授)「ニューエイジとスピリチュアリティ─日英米における比較分析と包括的図式」

詳細は以下参照:

続きを読む "[お知らせ]宗教史学研究所第51回研究会" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ